大工の技術・誇り

大工が、機械(プレカット)を使わず.墨で印をつけて、木をノミなとで手で刻んで、金物を使わず、組み上げ、造る。ちば山木の家。大工の誇りのある住まいづくりです。

ちば山認証制度 焼き印

ちば山では独自の木材認証制度を運用。顔の見える関係者が、いつ、どんな作業をしたのか、伐採から全て記録に残します。住まいが完成したときには、その記録をファイルにしてお渡しします。仕上げは、ちば山の焼き印セレモニー。

無垢の木、手刻み

自然乾燥した千葉県産の無垢の木を手刻み。
木の香り、優しさ、温もり、強さ、全てにおいて、住宅資材としての木の素晴らしさを最も発揮できる使い方です。