大工の技術

大工の技術を紹介

大工の技術

価値あるポイント−大工の手づくり

大工が、機械(プレカット)を使わず.墨で印をつけて、木をノミなとで手で刻んで、金物を使わず、組み上げ、造る。ちば山木の家。大工の誇りのある住まいづくりです。
大工の技術

継手・仕口の技

手刻み、無垢の木 大工の技 継手・仕口 木と木の組み合わせを 無理せず自然に 丈夫で長持ちする住まい
大工の技術

日本の住まい 深い庇

ちば山の家 軒の深さが気持ちいい
大工の技術

無垢の木 太く丈夫な梁

太い梁、家を支えます。 自然乾燥。 美しい色味。
大工の技術

無垢の木 手作りテーブル

無垢の木のテーブル。ちば山の杉、自然乾燥の無垢材を大工が手作り。 ご要望に合わせ、木材選びから始まるオーダメイドです。
大工の技術

無垢の木 優しい床

無垢のちば山杉 柔らかく優しい床 木の爽やかな香りが部屋を満たします。
大工の技術

ちば山認証制度 焼き印

ちば山では独自の木材認証制度を運用。顔の見える関係者が、いつ、どんな作業をしたのか、伐採から全て記録に残します。住まいが完成したときには、その記録をファイルにしてお渡しします。仕上げは、ちば山の焼き印セレモニー。
大工の技術

無垢の木、手刻み

自然乾燥した千葉県産の無垢の木を手刻み。 木の香り、優しさ、温もり、強さ、全てにおいて、住宅資材としての木の素晴らしさを最も発揮できる使い方です。
大工の技術

ちば山の家上棟 千葉県大多喜町

ちば山の家、上棟までの様子です。
スポンサーリンク