ちば山 現代に蘇る”方丈”小屋 発明編

板倉小屋から方丈小屋へ

鴨長明がは方丈記に書いたとおり方丈で暮らしていました。
この方丈は、組み立て解体が簡単な移動式です。

一方、ちば山の板倉小屋は、
板倉造りで解体は可能ですが簡単ではありません。
また、解体できても資材の量が多く、軽トラで簡単に移動
というわけにはいきません。

鴨長明の方丈は牛車2台で移動可能だったそうです。

もっとシンプルに、もっと軽量に、そして簡単に。
誰でも組み立て解体ができ、また移動さえできるように。
800年前に発明された方丈の上を行く発明を目指して
ちば山は方丈小屋を開発中です。
大きな進化にご期待ください。

スポンサーリンク

現代の方丈に対する要望を募集中!

鴨長明が方丈を発明した800年前、
京都では、度々、火災や地震など様々な災害が発生していました。
立派な家を建てても倒壊したり燃えてしまう。
そのため、現代でいうミニマリストを目指したのでしょうか?
方丈は簡単に組み立てられ、解体して移動ができる仕様になっています。

現在も鴨長明の時代と同じ様に災害が多発。
ミニマリストとしての居場所にするのもよし
災害時の避難場所にするのもよし
グランピング的なテント代りに使うのもよし。

ちば山現代に蘇る”方丈”小屋に対して
より素晴らしいものにするため
ご意見、ご希望、アイデアなど、募集しています。
よろしくお願いします。

スポンサーリンク

シェアする

フォローする